ミッキーマウスかミキハウスか ー世界の子供服ブランドにするー(第2回)

October 29, 2018 at 4:16pm | by Logstar.jp

MIKI HOUSE Americas 代表

竹田 欣克

東大法学部を卒業後、ミキハウスに入社。3年目にボストン大学院に留学後アメリカに残り、ゼロからアメリカオフィスを立ち上げたミキハウス・アメリカ代表の竹田欣克氏。自ら創業社長にアメリカ進出を提言し、実現させるという行動力は、多くの『初』を実現してきた。世界一の子供服ブランドを目指す同氏に、アメリカでの奮闘ぶりを伺った。(第1回はこちら

 

ーーサンフランシスコ・ベイエリアのマーケットは

 サンフランシスコは、特にアジア系の人が多いですね。弊社の店舗スタッフには、ローカル、中国系、そして日本人を配置し、多言語対応できるようにしています。最近、ミツワサンノゼ店で販売会をさせていただいたのですが、びっくりするほど、たくさんの方に来ていただきました。靴の計測会とサンプルセールをさせていただいたのですが、ほぼ完売。1日目の噂を聞きつけたのか、2日目は開店直後から多くの人が駆けつけてきてくれて、サンフランシスコから来た方もいました。あのスペースで、驚くほどの売り上げでしたね。

 

ーー8月にスタートした「ミキハウスエッセンシャルズ」とは

 このラインは、よりベーシックで人気の高い、スタンダードアイテムをセレクトし、日本に近い価格で販売するというものになります。Made in Japanの高品質で安全な子供服をアメリカでも使用してほしいという気持ちが、今回の新しいラインの発売を後押ししました。毎日使ってもらえる子供服として、よりお買い求めやすくできたことは私にとっても新しい試みですし、とても嬉しいです。

 

ーー実際にどのくらいお得になりましたか

 例えば当社の人気商品の一つである子供靴ですが、日本では6500円で販売をしています。アメリカでは98ドルで従来は販売していました。今回、それを一律79ドルまで価格調整しました。さらにブルーミングデール直営店の場合、同デパートが外国人向けに発行する「VISITOR PASS」を利用すると、10%オフになり約70ドルで購入が可能になります。この20ドル近い価格差は、各方面と調整させていただきました。子供に安全で安心なものを使ってほしいという気持ち、ミキハウスを世界のブランドにするという強い気持ちの表れになっていますので、ぜひ、ご利用ください。この靴は本当に日本の技術が詰め込まれたMade in Japanならではの商品なんです。実はこの靴の売り上げは、全体の35%を占めるんです。ぜひ、皆さんもミキハウスの子供靴を試してみてください。よろしくお願いいたします。

 

 

(つづく)

次回は、アメリカ進出の際の苦労、今後の展開について聞きます。

 

【ミキハウスからベイスポ読者に10%OFFクーポン贈呈!!】

米国オンラインサイト(mikihouse-usa.com)のみでご使用いただける特別なクーポンコードをご用意いたしました。

オンラインサイト: mikihouse-usa.com

クーポンコード:bysp1810

割引率:10%  割引対象:全品

使用期間:10/12/2018~11/14/2018