User 1266

内山 泰伸 (宇宙物理学の研究者です。)

2008/08 〜 2013/03 (4年と7ヶ月)
1974年生まれ。1998年 東京大学理学部物理学科卒業,2003年 東京大学理学系研究科物理学専攻を修了し博士(理学)を取得。イェール大学博士研究員,JAXA 宇宙航空プロジェクト研究員、スタンフォード大学・SLAC国立加速器研究所パノフスキーフェロー(2008年〜2013年)を経て、立教大学理学部教授。 専門は高エネルギー天文学・宇宙物理学。宇宙X線観測、ガンマ線観測により宇宙線の加速機構の解明を進めている。また、宇宙線を利用した巨大構造物の透視技術(ミューオグラフィ)の開発にも取り組んでいる。